スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Normad Factory 「MAGNETIC」 テープシミュレーター 音源紹介

こんにちは、You2です
今日は久々に!ホンマに久々に!
ちゃんとした音楽の話で更新しようと思います
いやっふ~ぃ!!!ww

という事で今日は、以前もやった
個人的にオススメなDTMソフトの音源貼り付けコーナーです

今回は、数あるVSTプラグインソフトの中から「テープシミュレーター」
というものを紹介します

DTM曲っていうのは、どうしても無機質な感じになりやすいのですが
テープシミュレーターを使うと、無機質な曲にアナログっぽさを加えてくれ
音を太くしたり、ローファイにしたりしてくれます
場合によっては飛び道具としても使えるし
曲の中になくてはならない存在
コンプレッサーと同じぐらい、めっちゃ頼れる縁の下の力持ちみたいなソフトです


↑の画像のWaves社製品を筆頭に、色々な製品が出てますが
個人的に気に入って愛用しているのがNormad Factoryのプラグインである

「MAGNETIC」

magnetic1.jpg

Youtubeで検索かけても音源が少なかったので
今回も、紹介を兼ねた音源増やしが目的ですww
後続の人たちの参考になれば幸いです

ちなみにこのMAGNETICですが、新曲【陽炎】や【The Sky Crawlers】でも使ってます
お気に入りのプラグインです

今回はドラムトラックにMAGNETICを挿しました
とりあえずNo effect(原音)状態のドラムトラックの音を聴いてみましょう
音量は各自で調整してから聴いて下さい





↑これが今回使うドラムトラックの原音です
ここにMAGNETICを挿して、設定を変えていきましょう

では、セッティング1の音を聴いてみて下さい ↓





こんな感じで設定してます↓
ノブの詳細が解り易いように画像サイズ大きくしてます
携帯の人は見難いかも知れませんが、ご了承下さい

magnetic settings1

では、更にセッティングを変えてみましょう





上記音源のセッティング画像はコチラ↓
HIGHSをBrilianceに変えて、LOWSは思い切ってシェイプ
Tape ColorもModernへ変えてみました
Reel Speedも全開です

magnetic settings2

では最後にもっと加工した感じにしてみましょう





画像は↓
こちらも、色々と設定をイジくってみました

magnetic settings3

それぞれSetting1, Setting2, Setting3と名付けます

ドラムソロだと、オケの中でどうなるのかイメージも掴み難いと思うので
アンビエント系シンセの音でオケを作って合わせてみました

Setting1 ドラム+シンセ





Setting2 ドラム+シンセ





Setting3 ドラム+シンセ





とまぁ、こんな感じの音が出せるVSTプラグインソフトです
変化が解り易いように、今回はキツメにかけていますが
トラック毎に、味付け程度にかけてやるのも良いと思います

最後に、今回オケで使ったMAGNETIC以外のソフトを書いておきます
Drums→Addictive Drums
シンセ1→Native Instruments FM8
シンセ2→Largo

ってことで、Normad Factory社のテープシミュレーター
「MAGNETIC」の音源紹介でした^^
スポンサーサイト

コメント

すいません
テープつかったことあります?
オープンやカセット
こんなおとになりませんよ?
温かみのある音でなくより変な音になってます。最初に乗せたノーエフェクトがオープン録音のエフェクトをかけた曲だと一瞬思いました
非公開コメント

Love Clock

グラフィカルとけい
Sweets

おすすめアイテム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。